「アリ地獄天国(仮)」カンパ募集締切り、ましたが・・・

制作中のドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」。

制作費のカンパ募集をしておりました。

 

本日2016年6月30日で、

第2次集約として 一旦締切らせていただきます。

カンパしていただいた皆さま、誠にありがとうございます。

 

とはいえ、現在も取材は続いており、

争議も決着が見えてきておりません。

 

第2次集約が終了し、報告を済ませましたら 結構早いタイミングで、

再度カンパをお願いするかと思います。

ずうずうしくて、すみません!

 

主人公の西村さんは、本日6月30日で

シュレッダー係へ異動させられて 1周年となります。

 

朝7時30分から16時30分迄、

ひたすらシュレッダー作業のみの日々。

全国の引越社支店から、ぞくぞくと古紙が届くそうです。

シュレッダー作業中は「無の境地」とのことです。

 

今朝は、私も4時30分に起きて

西村さんの出勤に同行させていただきました。

 

始発のバスに揺られ、空席も目立つ電車に

約1時間揺られて職場へ。

きっと寝不足なのでしょう。

西村さんは、座席で終始目をつぶっていました。

 

業務とあわせて、裁判と組合活動を並行させているので

たいへんです。会社と交渉するのは結構エネルギーが要ります。

 

そして本日、 雨宮処凛さんの連載「一億総貧困時代」で

アリさんマークの引越社とたたかう 西村さんが取り上げられました。

雨宮さんらしいインタビューが素敵な文章で、 西村さんの本音が聞こえてきます。

「アリ地獄天国(仮)」にもふれていただいております。

嬉しくて思わずホロリとなってしまいました。

 

雨宮さん、ありがとうございます。 是非、ご一読ください。

「一億総貧困時代」「アリさんマークの引越社」、その「アリ地獄」的実態

 

 

JUGEMテーマ:映画

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL