スポンサーサイト

  • 2017.03.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    第6回ドバイ国際映画祭で、最優秀賞!

    • 2009.12.24 Thursday
    • 16:05


    最近、世間を騒がしているドバイ・ショック!
    新たなドバイショックか!

    12月9日から16日まで開催された
    第6回ドバイ国際映画祭。
    「フツーの仕事がしたい」が
    アジアアフリカ部門の最優秀ドキュメンタリー賞を受賞しました!

    凱旋上映!・・・・というほどのものでもないですが、
    日本国内では、
    12月26日に佐賀市シアターシエマ
    27日に東京・渋谷アップリンクで上映されます。
    この機会に是非、ご覧ください!

    <国内情報>
    ◆佐賀◆
    2009/12/26(土) 19:00
    上映会場:シアターシエマ シエマラウンジスペース 詳細はこちら
    料金:1500円(1ドリンク付き)

    第17回レインダンス映画祭(ロンドン)
    ベスト・ドキュメンタリー賞受賞記念・アンコール上映が実現しました!
    ドバイ国際映画祭・アジアアフリカ部門最優秀ドキュメンタリー賞受賞も
    ついでに記念しましょう!
    1月9日からは、土屋監督が撮影で参加した
    飯田基晴監督の話題作「犬と猫と人間と」も上映されます。
    佐賀の皆さま、両作品ともお見逃しなく!

    ◆東京◆
    優れたドキュメンタリーを見る!VOL1企画
    『フツーの仕事がしたい』×『破片のきらめきー心の杖として鏡として』連続上映会
    上映会場:渋谷・アップリンク
    2009/12/27(日) 16:00開場 16:30開演
    16:30〜『破片のきらめき〜心の杖として鏡として〜
    18:40〜『フツーの仕事がしたい』
    上映終了後、高橋愼二監督と土屋トカチ監督によるトークショーを予定。
    料金:1作品¥1,100(1ドリンク付)
    連続鑑賞の方¥2,000(2ドリンク付)/トークのみ来場¥500

    「風の集い」という映像批評の会で
    約5年前に、土屋監督と高橋愼二監督は出会いました。
    『破片のきらめき〜心の杖として鏡として〜』は
    撮影監督として30年以上のキャリアを持つ高橋さんが
    監督も編集も行われた執念の作品です。
    2009年を振り返りながら、両作品併せて是非ご覧ください。

    詳細は
    http://nomalabor.exblog.jp/ (映画「フツーの仕事がしたい」ブログ)

    映像グループ ローポジションの新作
    飯田基晴監督作品「犬と猫と人間と」も全国で大ヒット公開中!
    土屋トカチも撮影で参加してますよっ!

    スポンサーサイト

    • 2017.03.10 Friday
    • 16:05
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      Oh! おめでとうございます!(=w=乃☆
      • ゆきち
      • 2009/12/24 6:19 PM
      トカチさん、よかったですね!
      最優秀ドキュメンタリー賞ですか
      撮影で苦労されても、こういうふうに
      賞をもらうと、嬉しいでしょうね!
      いつも応援しております。
      • 十勝花子
      • 2009/12/24 7:09 PM
      おめでとうございます!
      二冠ですね!

      ドバイの方たちは、この映画をどうご覧になったのでしょうかね。
      外国人労働者が多い街と聞きますので、その方たちとダブらせてご覧になったのでしょうか。
      • AKIRA
      • 2009/12/25 7:10 AM
      >ゆきちさん
      ありがとう!飲みましょうよ、久しぶりに。

      >十勝花子さん
      花子さん、いつも応援ありがとうございます。
      花子さんの予想が当たっているのが
      実感できることが嬉しいです!

      >AKIRAさん
      ありがとうございます。
      私がトークに立った時は
      1日目は日本人の方が目立ちました。
      2日目は、映画祭に招かれた
      世界中の映画人がほとんどでした。
      市民の方は、休日の金曜日に上映される
      受賞記念のアンコール上映で
      ご覧いただけたのかなと思います。

      移住労働者が8割を占め
      アラビア語も英語が通じるドバイ。
      本当に仕事のことで困っている人たちは
      映画館にすら来れないのは
      日本と似ているかもしれません。

      ドバイは東京に似ていると思いました。
      ドバイの人々は、報道のドバイショックとは
      どこ吹く風。どれでも工事が中断している箇所は
      少なくなかったですけど。

      実質的な被害が露わになるのは
      日本もそうだったように
      約20年はかかるのでしょうね。
      • tokachi
      • 2009/12/25 10:25 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      経年劣化 3分間ビデオ集2002~2012 [DVD]
      経年劣化 3分間ビデオ集2002~2012 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      3分間のビデオ映像で構成されたアルバム、登場!土屋トカチ監督が10年の間に自身で撮りためた3分間ビデオより、9本を選び1本につないだ短編映画。
      シンガーソングライターになれなかった人の、入魂!3分間ビデオの世界。

      recommend

      DVDBOOK フツーの仕事がしたい
      DVDBOOK フツーの仕事がしたい (JUGEMレビュー »)
      土屋 トカチ 監督
      2012年1月10日、DVDブック発売!本編70分+特典映像43分、ブックレット付。

      recommend

      タケオ DVD: ダウン症ドラマーの物語 (<DVD>)
      タケオ DVD: ダウン症ドラマーの物語 () (JUGEMレビュー »)
      常田 高志,新倉 壮朗
      ローポジション、常田高志初監督作品。

      recommend

      いぬとねことにんげんと  ダイジェスト版 映画「犬と猫と人間と」 [DVD]
      いぬとねことにんげんと ダイジェスト版 映画「犬と猫と人間と」 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      2011年8月27日発売です。本編を教材用に再編集したものです。私は撮影スタッフとして参加しました。封入ブックレットも充実です。

      recommend

      映画は自転車にのって―チャップリンからマイケル・ムーアまで
      映画は自転車にのって―チャップリンからマイケル・ムーアまで (JUGEMレビュー »)
      木下 昌明
      映画批評家、木下昌明の最新刊。私の映画「フツーの仕事がしたい」も批評されています。

      recommend

      犬と猫と人間と
      犬と猫と人間と (JUGEMレビュー »)
      飯田基晴
      飯田基晴初単行本。私も撮影で参加した作品。映画「犬と猫と人間と」をご覧頂いた方は、必読デス!

      recommend

      犬と猫と人間と [DVD]
      犬と猫と人間と [DVD] (JUGEMレビュー »)

      2010年6月26日発売です。撮影スタッフとして参加しました。封入ブックレットに私のコメントも掲載される予定です。

      recommend

      文化のないたたかいなんてありえない!レイバーネット
      文化のないたたかいなんてありえない!レイバーネット (JUGEMレビュー »)
      木下昌明・伊藤彰信・河添誠・土屋トカチほか
      映画「フツーの仕事がしたい」制作裏話も収録。読むべし!

      recommend

      マーガレットズロースのロックンロール
      マーガレットズロースのロックンロール (JUGEMレビュー »)
      マーガレットズロース
      00年代、日本ロック界の至宝・マーガレットズロース。激烈ミニアルバム。本当に伝えたいことを形にしようとすると、豚のジャケになるのは必須なのか!

      recommend

      No Boys,No Cry Original Sound Track
      No Boys,No Cry Original Sound Track (JUGEMレビュー »)
      砂原良徳,iLL
      何年振り?よく覚えていない。
      砂原良徳の新譜。同名タイトルの映画サントラ。穏やかで刺激的な音楽。現在、脳内ヘヴィーローテーション中。

      recommend

      アシュラ (上)
      アシュラ (上) (JUGEMレビュー »)
      ジョージ秋山
      ついに復刻!下巻とセットで読んでください。大金があれば映画化してみたい筆頭作品。「銭ゲバ」も文庫で出たよ。廃刊になる前に読もう。近日中に読切版最終回が復刊予定!

      recommend

      映画がたたかうとき―壊れゆく“現代”を見すえて
      映画がたたかうとき―壊れゆく“現代”を見すえて (JUGEMレビュー »)
      木下 昌明
      働く者の目線で語ることを譲らない映画批評家。現時点での最新刊。
      木下さんの新刊が出せるように、買って読んでください。

      recommend

      ネオンホール
      ネオンホール (JUGEMレビュー »)
      マーガレットズロース
      ずっとずっと
      そばにいて聴いていたくなる。そんな音楽。私がDVD監督やってます。

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM