スポンサーサイト

  • 2017.03.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「蟹工船 (まんがで読破)」を買うの巻

    • 2007.11.01 Thursday
    • 19:39
    評価:
    小林 多喜二
    イースト・プレス
    ¥ 580
    昨日、本屋さんのマンガコーナーで大発見をした。
    タイトルは「蟹工船 (まんがで読破)」。
    またしても、「蟹工船」(小林多喜二・原作)のマンガだ。

    以前、私のブログで感想を記した
    「30分で読める…大学生のための マンガ蟹工船」(東銀座出版社)も
    3刷に入ったと聞いた。
    最近の格差社会や労働問題に関する報道で、需要があるのだろう。
    とにかく、今読まれるべく物語になった「蟹工船」が
    手に入れやすく、読みやすいフォーマットとして
    再構成されていることに感動を覚える。

    絵柄は少年誌的(ジャンプっぽい?)な感じ。
    現場監督の浅川は、がっちりと「悪役面」なので
    読みはじめには、「ベタで、あんまりだなぁ〜」と思ったが
    読み進めると、そんなに違和感はなくなった。不思議なもんだ。
    そういう点では、東銀座出版社版よりも
    若い人たちにとっては物語に入りやすいかもしれない。

    結論としては、入り口は、どんなものでもいい。
    現代の日本で「蟹工船」に触れることは
    若い人(特に中高生!)には大変重要だということ。
    今の視点からみると、「蟹工船」という舞台は馴染みがないが、
    これが「工場」や「会社」になっただけ。
    帝國海軍こそ存在しないが、権力に「殺される」ことはある。

    おこづかいで買えなくても
    マンガ喫茶で・・・
    学校の図書館で・・・
    このマンガに出会ってほしい。
    そんな一冊だ。

    スポンサーサイト

    • 2017.03.10 Friday
    • 19:39
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      「蟹工船」の読書感想文コンテストも行われていますよ。 多喜二の母校・小樽商科大学と白樺文学館多喜二ライブラリーの共同主催で、11/15締め切り。
      ネットカフェ部門は、年齢制限なしです。
      • 高橋淳一
      • 2007/11/01 10:07 PM
      満喫で探してみます。あるかな?
      • 徳川家康
      • 2007/11/03 8:24 PM
      >高橋さん
      読書感想文コンテストのこと、
      存じております。
      素晴らしい企画ですよね。
      ネットカフェ部門を設けているのも
      さすがだなぁと感じました。

      >徳川さん
      マン喫にあるといいですよね。
      マン喫の経営者の方、置いてください。
      よろしく!
      • トカチ
      • 2007/11/05 2:54 PM
      蟹工船で、呼びかけていた人ブログ書いていましたよ。

      タイトル・蟹工船読書感想文でお馴染みネットカフェの住人
      URL:http://www.mankitu.net/column/ht/

      リアル難民ですね。
      • ななし
      • 2008/10/22 1:28 PM
      ネットカフェ住人さ~ん
      エイチティと読むのかな?
      ブログ見て応援していますお¥¥

      フレフレ・・・・(<・・>)
      • 2009/04/20 5:53 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ラジオで紹介していました。小林多喜二の蟹工船蟹工船改版が再び脚光を浴びているそうです。この小説は、蟹工船にて酷使される貧しい労働者達が群像として描かれているのですが、→ WikipediaHP最近の就職事情から、注目を浴びているそうです。確かに、今の状況は”搾
      • 雑学的ブログ
      • 2008/05/21 5:47 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      経年劣化 3分間ビデオ集2002~2012 [DVD]
      経年劣化 3分間ビデオ集2002~2012 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      3分間のビデオ映像で構成されたアルバム、登場!土屋トカチ監督が10年の間に自身で撮りためた3分間ビデオより、9本を選び1本につないだ短編映画。
      シンガーソングライターになれなかった人の、入魂!3分間ビデオの世界。

      recommend

      DVDBOOK フツーの仕事がしたい
      DVDBOOK フツーの仕事がしたい (JUGEMレビュー »)
      土屋 トカチ 監督
      2012年1月10日、DVDブック発売!本編70分+特典映像43分、ブックレット付。

      recommend

      タケオ DVD: ダウン症ドラマーの物語 (<DVD>)
      タケオ DVD: ダウン症ドラマーの物語 () (JUGEMレビュー »)
      常田 高志,新倉 壮朗
      ローポジション、常田高志初監督作品。

      recommend

      いぬとねことにんげんと  ダイジェスト版 映画「犬と猫と人間と」 [DVD]
      いぬとねことにんげんと ダイジェスト版 映画「犬と猫と人間と」 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      2011年8月27日発売です。本編を教材用に再編集したものです。私は撮影スタッフとして参加しました。封入ブックレットも充実です。

      recommend

      映画は自転車にのって―チャップリンからマイケル・ムーアまで
      映画は自転車にのって―チャップリンからマイケル・ムーアまで (JUGEMレビュー »)
      木下 昌明
      映画批評家、木下昌明の最新刊。私の映画「フツーの仕事がしたい」も批評されています。

      recommend

      犬と猫と人間と
      犬と猫と人間と (JUGEMレビュー »)
      飯田基晴
      飯田基晴初単行本。私も撮影で参加した作品。映画「犬と猫と人間と」をご覧頂いた方は、必読デス!

      recommend

      犬と猫と人間と [DVD]
      犬と猫と人間と [DVD] (JUGEMレビュー »)

      2010年6月26日発売です。撮影スタッフとして参加しました。封入ブックレットに私のコメントも掲載される予定です。

      recommend

      文化のないたたかいなんてありえない!レイバーネット
      文化のないたたかいなんてありえない!レイバーネット (JUGEMレビュー »)
      木下昌明・伊藤彰信・河添誠・土屋トカチほか
      映画「フツーの仕事がしたい」制作裏話も収録。読むべし!

      recommend

      マーガレットズロースのロックンロール
      マーガレットズロースのロックンロール (JUGEMレビュー »)
      マーガレットズロース
      00年代、日本ロック界の至宝・マーガレットズロース。激烈ミニアルバム。本当に伝えたいことを形にしようとすると、豚のジャケになるのは必須なのか!

      recommend

      No Boys,No Cry Original Sound Track
      No Boys,No Cry Original Sound Track (JUGEMレビュー »)
      砂原良徳,iLL
      何年振り?よく覚えていない。
      砂原良徳の新譜。同名タイトルの映画サントラ。穏やかで刺激的な音楽。現在、脳内ヘヴィーローテーション中。

      recommend

      アシュラ (上)
      アシュラ (上) (JUGEMレビュー »)
      ジョージ秋山
      ついに復刻!下巻とセットで読んでください。大金があれば映画化してみたい筆頭作品。「銭ゲバ」も文庫で出たよ。廃刊になる前に読もう。近日中に読切版最終回が復刊予定!

      recommend

      映画がたたかうとき―壊れゆく“現代”を見すえて
      映画がたたかうとき―壊れゆく“現代”を見すえて (JUGEMレビュー »)
      木下 昌明
      働く者の目線で語ることを譲らない映画批評家。現時点での最新刊。
      木下さんの新刊が出せるように、買って読んでください。

      recommend

      ネオンホール
      ネオンホール (JUGEMレビュー »)
      マーガレットズロース
      ずっとずっと
      そばにいて聴いていたくなる。そんな音楽。私がDVD監督やってます。

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM