「蟹工船 (まんがで読破)」を買うの巻

評価:
小林 多喜二
イースト・プレス
¥ 580
昨日、本屋さんのマンガコーナーで大発見をした。
タイトルは「蟹工船 (まんがで読破)」。
またしても、「蟹工船」(小林多喜二・原作)のマンガだ。

以前、私のブログで感想を記した
「30分で読める…大学生のための マンガ蟹工船」(東銀座出版社)も
3刷に入ったと聞いた。
最近の格差社会や労働問題に関する報道で、需要があるのだろう。
とにかく、今読まれるべく物語になった「蟹工船」が
手に入れやすく、読みやすいフォーマットとして
再構成されていることに感動を覚える。

絵柄は少年誌的(ジャンプっぽい?)な感じ。
現場監督の浅川は、がっちりと「悪役面」なので
読みはじめには、「ベタで、あんまりだなぁ〜」と思ったが
読み進めると、そんなに違和感はなくなった。不思議なもんだ。
そういう点では、東銀座出版社版よりも
若い人たちにとっては物語に入りやすいかもしれない。

結論としては、入り口は、どんなものでもいい。
現代の日本で「蟹工船」に触れることは
若い人(特に中高生!)には大変重要だということ。
今の視点からみると、「蟹工船」という舞台は馴染みがないが、
これが「工場」や「会社」になっただけ。
帝國海軍こそ存在しないが、権力に「殺される」ことはある。

おこづかいで買えなくても
マンガ喫茶で・・・
学校の図書館で・・・
このマンガに出会ってほしい。
そんな一冊だ。

スポンサーサイト

コメント

「蟹工船」の読書感想文コンテストも行われていますよ。 多喜二の母校・小樽商科大学と白樺文学館多喜二ライブラリーの共同主催で、11/15締め切り。
ネットカフェ部門は、年齢制限なしです。

  • 高橋淳一
  • 2007/11/01 22:07

満喫で探してみます。あるかな?

  • 徳川家康
  • 2007/11/03 20:24

>高橋さん
読書感想文コンテストのこと、
存じております。
素晴らしい企画ですよね。
ネットカフェ部門を設けているのも
さすがだなぁと感じました。

>徳川さん
マン喫にあるといいですよね。
マン喫の経営者の方、置いてください。
よろしく!

  • トカチ
  • 2007/11/05 14:54

蟹工船で、呼びかけていた人ブログ書いていましたよ。

タイトル・蟹工船読書感想文でお馴染みネットカフェの住人
URL:http://www.mankitu.net/column/ht/

リアル難民ですね。

  • ななし
  • 2008/10/22 13:28

ネットカフェ住人さ~ん
エイチティと読むのかな?
ブログ見て応援していますお¥¥

フレフレ・・・・(<・・>)

  • 2009/04/20 17:53
トラックバック
この記事のトラックバックURL