スポンサーサイト

  • 2017.03.10 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    それでもボクはやってない

    • 2007.01.12 Friday
    • 15:22
    昨日、周防正行監督の11年ぶりの新作
    「それでもボクはやってない」の試写会へ出向いた。
    試写会券が当たったからだ。
    元々劇場で見る予定だったので
    大変有難く、拝見させていただいた。

    日本の裁判が、被疑者に対して寛容でないことは
    少しでもこの国の歪みを知っている人なら判っているだろうと思う。

    冤罪を映画の題材へ取り上げる時、
    身近で、しかも、ある意味下世話(?)な
    痴漢冤罪を題材にしたところが重要なんだと思う。
    都市生活を送る人間なら
    誰もが遭遇する可能性があるからだ。
    練りに練られた脚本からは、
    そんなことをしっかりと感じることが出来た。

    映画の全体的な印象としては、
    色彩が灰色という感じ。
    これまでの周防監督の持ち味である
    笑いの要素は極端なほど、抑制されている。
    ボクは終始、緊張しながら
    ラスト近くでは、左手で右手をギュッと握りながら
    観ていた。
    ボクが被疑者と同じ境遇に置かれたら・・・。
    そんな恐怖感でいっぱいになった。

    ボクが笑えたのは、竹中直人さんの
    最初の出演シーンくらいだった。
    しかし、会場内では
    複数回も、笑いが起きていた。
    それは、被疑者役の青年が理不尽な目にあっているシーンの時だった。
    笑っていた人たちは、自分自身や身近な人が
    こんな目にあったら、笑っていられるのだろうか。
    それとも、もうすでに似たような目にあって
    共感して笑っていたのだろうか。

    この映画がヒットすることを願う。
    そして、冤罪で囚われの身となっている人々のことを
    少しでも考える切っ掛けになればいいなと思う。

    ボクらへ、いつ冤罪が降りかかっても
    おかしくないのだから。

    スポンサーサイト

    • 2017.03.10 Friday
    • 15:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      「人権と報道・連絡会」っていう市民団体がありまして、
      主に報道被害と冤罪事件を扱っていまして、
      それにたまに行くのですが、
      日本の冤罪事件の酷さと、
      それを行政の側に立って報道する日本のマスメディアの非道さは、
      筆舌にしがたいですよ。まったく。。。

      人権に関して、バリバリ後進国の日本は、
      もっとその遅れを自覚させないとやばいっす。
      オススメの映画、久々に劇場に行こうと思います。
      • しみけん
      • 2007/01/19 1:40 AM
      >しみけんさん
      コメント、ありがとうございます。
      映画は期待以上に
      冤罪事件の酷さを描いてありました。

      明日、20日からロードショーのようですよ。
      • トカチ
      • 2007/01/19 10:54 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       映画 「それでもボクはやってない」     (周防正行:監督)  の試写会に行ってきました {/onpu/}       (C)2006フジテレビジョン アルタミラピクチャーズ 東宝  「Shall we ダンス?」以来、  11年ぶりの周防監督作品です。    就職活動中の金子徹
      • miyukichin’mu*me*mo*
      • 2007/01/17 9:46 PM
       鬼畜政党自民党が深く関与した「銀行再生」に絡んだ悪事を暴こうとして、現在痴漢えん罪の罪を着せられて東京拘置所に勾留されている、植草一秀氏に対する保釈が許可されたという報道がありました。(以下転載)(銀行再生に関する参照記事:第10回「失われた5年−小
      • らくちんランプ
      • 2007/01/21 9:13 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      経年劣化 3分間ビデオ集2002~2012 [DVD]
      経年劣化 3分間ビデオ集2002~2012 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      3分間のビデオ映像で構成されたアルバム、登場!土屋トカチ監督が10年の間に自身で撮りためた3分間ビデオより、9本を選び1本につないだ短編映画。
      シンガーソングライターになれなかった人の、入魂!3分間ビデオの世界。

      recommend

      DVDBOOK フツーの仕事がしたい
      DVDBOOK フツーの仕事がしたい (JUGEMレビュー »)
      土屋 トカチ 監督
      2012年1月10日、DVDブック発売!本編70分+特典映像43分、ブックレット付。

      recommend

      タケオ DVD: ダウン症ドラマーの物語 (<DVD>)
      タケオ DVD: ダウン症ドラマーの物語 () (JUGEMレビュー »)
      常田 高志,新倉 壮朗
      ローポジション、常田高志初監督作品。

      recommend

      いぬとねことにんげんと  ダイジェスト版 映画「犬と猫と人間と」 [DVD]
      いぬとねことにんげんと ダイジェスト版 映画「犬と猫と人間と」 [DVD] (JUGEMレビュー »)

      2011年8月27日発売です。本編を教材用に再編集したものです。私は撮影スタッフとして参加しました。封入ブックレットも充実です。

      recommend

      映画は自転車にのって―チャップリンからマイケル・ムーアまで
      映画は自転車にのって―チャップリンからマイケル・ムーアまで (JUGEMレビュー »)
      木下 昌明
      映画批評家、木下昌明の最新刊。私の映画「フツーの仕事がしたい」も批評されています。

      recommend

      犬と猫と人間と
      犬と猫と人間と (JUGEMレビュー »)
      飯田基晴
      飯田基晴初単行本。私も撮影で参加した作品。映画「犬と猫と人間と」をご覧頂いた方は、必読デス!

      recommend

      犬と猫と人間と [DVD]
      犬と猫と人間と [DVD] (JUGEMレビュー »)

      2010年6月26日発売です。撮影スタッフとして参加しました。封入ブックレットに私のコメントも掲載される予定です。

      recommend

      文化のないたたかいなんてありえない!レイバーネット
      文化のないたたかいなんてありえない!レイバーネット (JUGEMレビュー »)
      木下昌明・伊藤彰信・河添誠・土屋トカチほか
      映画「フツーの仕事がしたい」制作裏話も収録。読むべし!

      recommend

      マーガレットズロースのロックンロール
      マーガレットズロースのロックンロール (JUGEMレビュー »)
      マーガレットズロース
      00年代、日本ロック界の至宝・マーガレットズロース。激烈ミニアルバム。本当に伝えたいことを形にしようとすると、豚のジャケになるのは必須なのか!

      recommend

      No Boys,No Cry Original Sound Track
      No Boys,No Cry Original Sound Track (JUGEMレビュー »)
      砂原良徳,iLL
      何年振り?よく覚えていない。
      砂原良徳の新譜。同名タイトルの映画サントラ。穏やかで刺激的な音楽。現在、脳内ヘヴィーローテーション中。

      recommend

      アシュラ (上)
      アシュラ (上) (JUGEMレビュー »)
      ジョージ秋山
      ついに復刻!下巻とセットで読んでください。大金があれば映画化してみたい筆頭作品。「銭ゲバ」も文庫で出たよ。廃刊になる前に読もう。近日中に読切版最終回が復刊予定!

      recommend

      映画がたたかうとき―壊れゆく“現代”を見すえて
      映画がたたかうとき―壊れゆく“現代”を見すえて (JUGEMレビュー »)
      木下 昌明
      働く者の目線で語ることを譲らない映画批評家。現時点での最新刊。
      木下さんの新刊が出せるように、買って読んでください。

      recommend

      ネオンホール
      ネオンホール (JUGEMレビュー »)
      マーガレットズロース
      ずっとずっと
      そばにいて聴いていたくなる。そんな音楽。私がDVD監督やってます。

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM