プチ ライフ

11月25日のコトバ広場、
盛況のうちに終了しました。
出演者の皆さん、飛び入りしてくれた皆さん、
お客さん、タイニーカフェのお陰です。
どうもありがとうございます!
続けていくことが、大きな力になります。
そんなことを、改めて感じさせてくれる
ライブになりました。

実は、僕も飛び入りで
一編読みました。
主催者が飛び入りって、いい位置でしょう(笑)。
この日、読んだものを掲載してみます。
題してプチ ライフ。
この強引な語呂感が、日本的でしょ。


プチ ライフ

プチ宇宙の片隅
プチ美しい プチ惑星
プチお父さんと
プチお母さんは
プチちちくり合い プチ愛しいあい プチなぐさめあい
プチかわいい 
プチ子どもが生まれました

プチかわいい プチ子どもには
プチ意味深な プチ名前が プチ付けられ
プチ希望が生まれました

プチ私は プチ物心がつき
プチコトバを プチ覚えました
プチ私の思いが プチ伝えられるような気が
プチしました

プチある日 プチ私の住む世界は
プチ歪みがあると プチ気付きました
プチ王様は生まれながら
プチ私とは プチ立場が違うようです

プチ新聞や プチテレビや プチ雑誌は 
プチかわいいと プチ王様を褒め称えています
プチ世間は プチ国あげて
プチ賛辞を プチ述べています
プチ私は生まれてこなかった方が プチよかったのかと
プチ寂しくなりました

プチがんばれば プチ結果がでると
プチ努力すれば プチ報われると
プチ先生は プチ涙を流しながら
プチお父さんは プチ汗を流しながら
プチお母さんは プチ血を流しながら
プチ応援してくれました

プチ年月は流れ
プチ私は プチ大人になりました
プチ悩み多い プチ大人になりました

プチ仕事を プチ探すのですが
プチいい仕事は プチ見つかりません
プチ未来という プチ希望のようなものは
プチ永遠 プチ私には ないのでしょうか
プチ永遠 プチ私たちには ないのでしょうか

プチ自殺 しちゃった近所のおじさん
プチ過労死 しちゃった お父さん
プチ原子力が プチ揺れる地で
プチ放射能を プチ恐れながら
プチ プチプチと愚痴りながら
プチ幸せを プチつかめば
プチ人生も プチ悪くないと
プチお母さんは プチ口ごもります

プチ猥褻  プチ強姦  プチ暴力
プチ餓死  プチ戦争  プチミサイル
プチ革命  プチリベラル  プチ新しい自由
プチ飴と鞭
プチ無恥  プチ無知  プチ無智

プチ プチプチと
プチ反省の日は遠く
プチ人殺しの日々が 
続いています

(2006.11)

塩と水

高校の頃、仲が良かった同級生から、
約10年振りに連絡をもらった。
ホームページを見つけてくれたそうだ。

それを記念(?)して
高校の授業、政治経済の先生に質問されたことを
軸にした詩を載せてみます。


塩と水

ひとつの色で
この世界の歪みは変わりませんよう

僕の頭骸骨の中に
やさしく風がふぅっと吹いてきた

ガチガチな彼らのカタマリに
似たような僕らのカタマリが
右や左でぶつかったって
不快な音が続いていくだけ
響いてゆくだけ

そんなことを繰り返したところで
醜く悪臭漂う
土は何にも変わらない

時には寝っころがってみた方が
いいみたいだ
テレビでも見てみよう

ぷちっ

ここで問題です
「花は、どうして美しいのでしょう」
「子どもは、どうして美しいのでしょう」
「犬は、どうして美しいのでしょう」
「猫は、どうして美しいのでしょう」
「そして、あなたは何のために生きているのでしょう」

欲張りってことか
手に入れたいものがあって
思い通りにならないと
脅かしたり
ナイフを手にしたり
銃をブッ放したり
ただの汁を出すため
女の人の股を開いたり
赤ん坊を殺したり
事実は悪質すぎて青少年に悪影響があると
オブラートで包んだり

流れ出る血液と崩れ落ちる内臓が
自分の中にもあることを
忘れてないのに忘れたまま
うやむやになんとなく
青春のような眩しい錯覚で
千年
二千年
三千年
一万年と過ぎていったのです

そして性懲りもなく
命は続いているのです
これが結論です

いや でも そんなに悲観はしていません
なんとなく幸せなので大丈夫です
なんとなくフカフカなので大丈夫です

もう一度 ここで問題です
「花は、どうして美しいのでしょう」
「子どもは、どうして美しいのでしょう」
「犬は、どうして美しいのでしょう」
「猫は、どうして美しいのでしょう」
「そして、あなたは何のために生きているのでしょう」

ぷちっ

塩と水の在り処を知るため

(1998.8 改:2006.8)

ギフト

明日より、連日仕事。
しばらく休みはありません。
そんな自分へ、自分からのギフト。
「ギフト」という詩です。


ギフト

用意はいいですか
何度も同じことは言えませよ
もらった時間は長いようで
そんなに長くはないんです

そのうち 近いうち
今のうち しかと吸い込んでおきましょう

そのうち 近いうち
今のうち しかと絡み解いておきましょう

そのうち 近いうち
今のうち しかと記憶しておきましょう

先ほども申しましたが
もらった時間は長いようで
そんなに長くはないんです

そのうち 近いうち
今のうち うがいをしても消えないような
不愉快な後味残して

そのうち 近いうち
鬱陶しさが醸し出す重いコトバと
汗の匂いで
有頂天な宴の連中に
恥ずかしいコトバを贈ります

ギャフン

(1998.9)

明日は、静岡の山奥に行ってきます。

詩を載せてみる

カテゴリーに「新しい詩」を作ってみます。
この間の「第2回コトバ広場」で読んだものです。

電撃

電撃入籍 電撃離婚っておっしゃいますが
男の人と女の人の
あそことあそこが
ひっついちゃたり 離れたり
あんなことやこんなことをしちゃったり
もはや死んでしまった神様に
永遠を誓ったり
一緒に住んでご飯を食べたり
眠ったり
喧嘩したり
うんこをしたり
洗濯したり
小銭を数えたりすることの
いったい何が電撃なんですか


電撃的なひと泣きを終え
アブラゼミは枝から地面に落ちた

(2006.8)
1