「アリさんマークの引越社」争議が一括和解〜「アリ地獄天国(仮)」完成へ近づく

 

すでに報道機関でも伝えられていますが、「アリさんマークの引越社」の労働争議が中央労働委員会にて一括和解となりました。「アリさんマークの引越社」のグループ会社ではたらくプレカリアートユニオンの組合員に対して、 株式会社引越社、 株式会社引越社関東、 株式会社引越社関西は解決金を支払うことになりました。
制作中の映画「アリ地獄天国(仮)」の主人公、西村有さん(本名:野村泰弘さん)を含む社員集団訴訟、2月14日に記者会見が行われました。これにより、映画制作の着地点も明確となりました。
たった一人、現役社員として闘い続けた野村さんの軌跡を、ドキュメンタリー映画として完成させます。しばしお待ちください。

 

以下、レイバーネット日本に、私が投稿したものです。

2月13日、「アリさんマークの引越社」ではたらく野村泰弘さん(写真左)を含む従業員ら計37人が、会社に対して、残業代の支払いや事故による弁償金の返還等を求めていた労働争議は、中央労働委員会にて、ついに一括和解した。野村さんがプレカリアートユニオンへ相談してから約3年。長い道のりだった。野村さんは、この日を契機に本名を明かした。

和解条項には、プレカリアートユニオンの組合員に対し、故意や重い過失がなければ弁償金の負担を求めない旨が明記された。「アリさんマークの引越社」のグループ会社ではたらく同組合員に対して労働紛争の解決金を支払うことで和解した。和解金額は非公開だ。

野村さんは2011年1月、引越社関東に入社。営業職でトップの成績を誇る正社員だった。ある日、長時間労働による疲労が原因で事故を起こし、48万円の弁償金を会社から求められた。野村さんはプレカリアートユニオンに相談し、弁償する義務は一切ないことを知る。同労組へ加入し弁済金の返還等を求めた。すると会社は、野村さんをシュレッダー係へ配置転換。のちに懲戒解雇を行い、事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物(写真下)を全国の支店へ貼り出した。

その後、解雇は撤回され復職するも、シュレッダー係の勤務を約2年間強いられ、会社との間で争議紛争が続いていた。2017年7月、「罪状ペーパー」をめぐって、東京地裁で和解が成立。元の営業職へ復職したが、賃金未払いや弁償金についての協議が続いていた。

「労働者と使用者の力の差は歴然としている。是非、組合に入ってほしい。しっかりした労働環境を、自分の力で切り拓いてほしい」と、野村さんは語った。野村さんは引越社関東を退社し、プレカリアートユニオンの専従職となるという。〔土屋トカチ〕

 

<レイバーネットTV 第91号「やられたらやりかえせ」> 「アリさんマーク」問題を最初に取り上げた番組です。こちら

 

長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」第六次カンパのお願い

 
神奈川県藤沢市在住の「ちっくまん」さんに、マンガをかいていただきました。
ありがとうございます!応援いただいたこともあり、再度カンパ要請をはじめます。

 2015年9月、私はプレカリアートユニオンの定期大会へ出掛けた。「アリさんマークの引越社」と闘う現役正社員・西村さん(仮名)に挨拶するためだ。9月23日のレイバーネットTVへ出演していただくことになっていたので、事前にどんな方なのか知っておきたかったからだ。

 

 当時の彼は、理不尽な理由で懲戒解雇をされ、「罪状ペーパー」と呼ばれる不愉快な書面(写真下)を全支店に貼られていた。さぞ悲しい顔をしているのかと思ったら、終始明るい様子で、会場入口に「罪状ペーパー」を拡大コピーして貼り付け「これ見てくださいよー」なんて大会出席者へ声を掛けている。私は「すごい人がいるもんだなぁ」と驚いた。しかし、真にド肝を抜かれたのは、会社のトンデモない実態を知ったときなのデス・・・。

 

 ということで、現在も長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」の制作中です。足かけ約2年になります。5月24日、引越社は「異動が社会的相当性を欠いた」と認めて謝罪。西村さんを元の営業職へ戻し、解決金を支払こと等に合意し、文字通りの大勝利的和解となりました。やっと終着点に近づいてきたのかもしれません。

 

 しかし、今回の和解は、映画にとっても大きなヤマ場となるのは確実ですが、すべてが解決したわけではありません。最新パイロット版の仮処分ヴァージョンは56分。現在も追加取材中で、2017年内に長編映画として完成を目指しています。引越業界で起こっている労働争議が主題ですが、そんな小さな世界観では終わらせない、はたらく者なら誰でも楽しめる「エンタメ・ハウツー・ドキュメンタリー映画」を目指します。ドンづまりな資本主義社会で、スクリーンを使って復讐します。

 

 「過労死」「ブラック企業」「ブラックバイト」などに代表されるように、日本の労働環境は相変わらず過酷で陰湿な現場が後を絶ちません。労働法制の改悪も着々と進んでいます。さらにその先には、戦争が近づいています。ウソにまみれた環境で働く日本の若者に「命をまもるツールの使い方」を伝える映画を作ります。一緒に映画を作りませんか!

 

 第一次〜第五次カンパでは、130万円を超えるカンパが集まりました。本当にありがとうございます。おかげさまで取材が続けられておりますが、今後は仕上げ作業などで費用が掛かります。お金のことばかりで申し訳ありません。引き続き、ご支援・ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。                                    

 

2017年9月8日 土屋トカチ


 


会社が作成した「罪状ペーパー」



●映画「アリ地獄天国(仮)」のあらすじ
 有名俳優を起用したTVCMで知られる「アリさんマークの引越社」。さわやかなイメージとは裏腹に、社員たちは自らの置かれた状況を「アリ地獄」と呼んでいる。2015年秋には、抗議行動中の労働組合を恫喝する映像(現在はこちらへ移転)が動画投稿サイト公開されると、約2ヵ月で200万回以上も再生され話題となった。引越社でいったい何が起こっているのか?

 

 同社で働く西村さん(仮名・34才)は、営業職でトップの成績を誇る正社員。ある日、長時間労働による疲労が原因で事故を起こし、48万円の弁済金を会社から求められた。不満を感じた西村さんは、個人加盟型の労働組合「プレカリアートユニオン」に相談し、弁済する義務は一切ないことを知る。同労組へ加入し弁済金の返還等を求めた。すると会社は、西村さんをシュレッダー係へ配置転換。のちに懲戒解雇を行い、事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物を全国の支店へ貼り出した。ニッポンの「ブラック企業」とたたかう若者。彼を支え、たたかう労働組合の姿を追う。


●カンパに関する詳細

カンパ:団体:1口 10,000円より 個人:1口 1,000円より

カンパ宛先:郵便振替 00200−4−81358 白浜台映像事務所
他金融機関からは→ ゆうちょ銀行 〇二九(ゼロ二キユウ)店 当座 0081358

 

・通信欄に「アリさん映画カンパ」と明記ください。
・お一人様、何口でも結構です。皆様のあたたかいご支援、
ご協力のほどよろしくお願い致します。
・ご協力を頂いた方へ、額面に準じて感謝の意を表したいと思います。
希望される方はご住所、お名前を明記ください。

5,000円以上
●長編映画「アリ地獄天国(仮)」のエンドロールに 「制作協力」として、お名前を表記させていただきます。
 

10,000円以上
●長編映画「アリ地獄天国(仮)」のエンドロールに 「制作協力」として、お名前を表記させていただきます。
●最新パイロット版「アリ地獄天国(仮)」仮処分ヴァージョン(56分)のDVDをプレゼントさせていただきます。
 
・クレジット表記が不要な方は、その旨を郵便振替の「通信欄」へご記入ください。
・記入のない場合は、映画本編へクレジット表記をさせていただきます。ご了承ください。
・銀行振込をご利用され、メッセージ記載が困難な場合は、直接下記「お問合せ」へご連絡ください。
 
■カンパ集約
・第六次集約 2017年10月31日(火) 2017年12月28日(木)
カンパの会計報告は、こちら白浜台映像事務所ブログにて2018年1月末頃に行います。

何度も集約日を変更し申し訳ありません。

■カンパ要請チラシ
こちらからPDFデータをダウンロードしてください。

http://ur0.pw/GtMd


■お問合せ
映画「アリ地獄天国(仮)」及び土屋トカチへのお問い合わせ
tsuchiya.tokachi☆gmail.com(☆を@にご変更ください)
045-228-7996(映像グループ ローポジション気付)

再度、長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」カンパのお願い

 

 8月31日に、第五次集約をします。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 2015年9月、私はプレカリアートユニオンの定期大会へ出掛けた。「アリさんマークの引越社」と闘う現役正社員・西村さん(仮名)に挨拶するためだ。9月23日のレイバーネットTVへ出演していただくことになっていたので、事前にどんな方なのか知っておきたかったからだ。

 

 当時の彼は、理不尽な理由で懲戒解雇をされ、「罪状ペーパー」と呼ばれる不愉快な書面(写真下)を全支店に貼られていた。さぞ悲しい顔をしているのかと思ったら、終始明るい様子で、会場入口に「罪状ペーパー」を拡大コピーして貼り付け「これ見てくださいよー」なんて大会出席者へ声を掛けている。私は「すごい人がいるもんだなぁ」と驚いた。しかし、真にド肝を抜かれたのは、会社のトンデモない実態を知ったときなのデス・・・。

 

 ということで、現在も長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」の制作中です。足かけ約2年になります。5月24日、引越社は「異動が社会的相当性を欠いた」と認めて謝罪。西村さんを元の営業職へ戻し、解決金を支払こと等に合意し、文字通りの大勝利的和解となりました。やっと終着点に近づいてきたのかもしれません。

 

 しかし、今回の和解は、映画にとっても大きなヤマ場となるのは確実ですが、すべてが解決したわけではありません。最新パイロット版の仮処分ヴァージョンは56分。現在も追加取材中で、2017年内に長編映画として完成を目指しています。引越業界で起こっている労働争議が主題ですが、そんな小さな世界観では終わらせない、はたらく者なら誰でも楽しめる「エンタメ・ハウツー・ドキュメンタリー映画」を目指します。ドンづまりな資本主義社会で、スクリーンを使って復讐します。

 

 「過労死」「ブラック企業」「ブラックバイト」などに代表されるように、日本の労働環境は相変わらず過酷で陰湿な現場が後を絶ちません。労働法制の改悪も着々と進んでいます。さらにその先には、戦争が近づいています。ウソにまみれた環境で働く日本の若者に「命をまもるツールの使い方」を伝える映画を作ります。一緒に映画を作りませんか!

 

 第一次〜第四次カンパでは、110万円を超えるカンパが集まりました。本当にありがとうございます。おかげさまで取材が続けられておりますが、今後は仕上げ作業などで費用が掛かります。お金のことばかりで申し訳ありません。引き続き、ご支援・ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。                                    

 

2017年6月7日 土屋トカチ


 


会社が作成した「罪状ペーパー」



●映画「アリ地獄天国(仮)」のあらすじ
 有名俳優を起用したTVCMで知られる「アリさんマークの引越社」。さわやかなイメージとは裏腹に、社員たちは自らの置かれた状況を「アリ地獄」と呼んでいる。2015年秋には、抗議行動中の労働組合を恫喝する映像(現在はこちらへ移転)が動画投稿サイト公開されると、約2ヵ月で200万回以上も再生され話題となった。引越社でいったい何が起こっているのか?

 

 同社で働く西村さん(仮名・34才)は、営業職でトップの成績を誇る正社員。ある日、長時間労働による疲労が原因で事故を起こし、48万円の弁済金を会社から求められた。不満を感じた西村さんは、個人加盟型の労働組合「プレカリアートユニオン」に相談し、弁済する義務は一切ないことを知る。同労組へ加入し弁済金の返還等を求めた。すると会社は、西村さんをシュレッダー係へ配置転換。のちに懲戒解雇を行い、事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物を全国の支店へ貼り出した。ニッポンの「ブラック企業」とたたかう若者。彼を支え、たたかう労働組合の姿を追う。


●カンパに関する詳細

カンパ:団体:1口 10,000円より 個人:1口 1,000円より

カンパ宛先:郵便振替 00200−4−81358 白浜台映像事務所
他金融機関からは→ ゆうちょ銀行 〇二九(ゼロ二キユウ)店 当座 0081358

 

・通信欄に「アリさん映画カンパ」と明記ください。
・お一人様、何口でも結構です。皆様のあたたかいご支援、
ご協力のほどよろしくお願い致します。
・ご協力を頂いた方へ、額面に準じて感謝の意を表したいと思います。
希望される方はご住所、お名前を明記ください。

5,000円以上
●長編映画「アリ地獄天国(仮)」のエンドロールに 「制作協力」として、お名前を表記させていただきます。
 

10,000円以上
●長編映画「アリ地獄天国(仮)」のエンドロールに 「制作協力」として、お名前を表記させていただきます。
●最新パイロット版「アリ地獄天国(仮)」仮処分ヴァージョン(56分)のDVDをプレゼントさせていただきます。
 
・クレジット表記が不要な方は、その旨を郵便振替の「通信欄」へご記入ください。
・記入のない場合は、映画本編へクレジット表記をさせていただきます。ご了承ください。
・銀行振込をご利用され、メッセージ記載が困難な場合は、直接下記「お問合せ」へご連絡ください。
 
■カンパ集約
・第五次集約 2017年8月31日  (木)
カンパの会計報告は、こちら白浜台映像事務所ブログにて2017年10月末頃に行います。

■カンパ要請チラシ
こちらからPDFデータをダウンロードしてください。
http://ur0.link/E4ZX

■お問合せ
映画「アリ地獄天国(仮)」及び土屋トカチへのお問い合わせ
tsuchiya.tokachi☆gmail.com(☆を@にご変更ください)
045-228-7996(映像グループ ローポジション気付)

小江戸・川越市の現役市長に訴えられて→第3回口頭弁論終了

http://komekami.sakura.ne.jp/より 引用

 

去る7月27日。
川越市の現役市長・川合善明氏を、さいたま地方検察庁に刑事告発(告訴)した
私たちコレクト行政!連絡協議会(私は代表だったりする)の各メンバーに対して、
これを名誉毀損として川合氏がさいたま地方裁判所に訴えた民事事件の
第3回口頭弁論が、さいたま地裁・川越支部1号法廷で開廷されました。
傍聴席はほぼ満席。川越市民の関心の高さを感じました。
前回の口頭弁論では、 裁判長から書面の書き直しを命じられていた原告側の代理人。
今回も立派な弁護士さんが、2名出廷されていました。

この日の法廷でも裁判長は「このままでは告訴状全部が名誉毀損ってことになりかねませんよ」と苦笑交じりに原告へ注意しました。

「このままでは裁判にはならない」という意味とのこと・・・。

いやはや、どうなることやら。

 

掲載されています。
次回は2017年9月19日(火)午前10時30分から。
さいたま地方裁判所・川越支部 1号法廷にて、です。

 

はたして書き直しを命じられた書面は、

どのような主張になっているのでしょうか!?

↑前回のブログのコピペ

小江戸・川越市の現役市長に訴えられて

もしお時間がありましたら

7月27日(木)16:30〜、さいたま地裁川越支部

お越しください。恥ずかしながら私、被告となっております・・・。

 

経緯はこうです。

 

私が参加している(恥ずかしながら私、代表だったりします・・・)

「コレクト行政!連絡協議会」は、

昨年2016年10月14日付で、川合善明川越市長を

さいたま地方検察庁に刑事告発しました。

 

埼玉県川越市行政において

官製談合防止法(入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律←長くてすみません…)違反ならびに、都市計画法違反が疑われる事実が判明したためです。

同日10月14日の午後、 埼玉県庁・県政記者クラブにて記者会見を行いました。

 

その時の写真です↓

 

この記者会見によって「名誉を毀損された」として、

川合善明市長は私やコレクト行政!連絡協議会のメンバーを相手取って

300万円の損害賠償を求める民事訴訟を提訴しました。

ただし、上の写真で一番左の男性は訴えられていない。謎です。

 

いやいや、みなさん。

法律違反の疑いがあるので警察へ「調査してください」とお願いし

「お願いしてきましたよ、記者のみなさん!」と、私たちは記者会見でお話しただけです。

名誉棄損って、どういうことなんでしょうかね?

私は法学部出身なのですが、さっぱりわかりません。

 

事実と異なるようでしたら、身の潔白を証明されたらよろしいのでは?

と思ってしまいます。

 

前回5月25日10時30分からの

2回目の口頭弁論へ早起きして出掛けました。

ドア・ツー・ドアで、片道2時間以上かかるのに。

 

ところが裁判長は

「原告は被告の言動の何をもって名誉毀損だと主張しているのかの

争点を整理し明確にしなければ、被告も答弁のしようがない。

摘み食い的に一部を引き出して主張するのではなく、

どこが名誉毀損になるのかを具体的に構成する書面を出して下さい」と述べたのです。

 

端的にいえば裁判長は「これじゃぁ、訴えになっていないですよ。あなた!」と

原告代理人へ書き直しを命じているのも同然です。

 

原告である川合善明市長は、ご自身が弁護士さん。

法廷には原告代理人の立派な弁護士さんが、2名出廷されています。

 

いやはや、こんな裁判もあるのですね…。

とくに川越市民の皆さまには、傍聴していただきたく思います。

 

はたして書き直しを命じられた書面は、

どのような主張になっているのでしょうか!?

 

川越市以外の方も、小江戸川越の観光と兼ねて

是非、傍聴へお越しください!

 

帰りには、コエドビールでも飲みたいなぁ…。