長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」 制作費用 カンパのお願い

 

 2015年9月、私はプレカリアートユニオンの定期大会へ出掛けた。「アリさんマークの引越社」と闘う現役正社員・西村さん(仮名)に挨拶するためだ。9月23日のレイバーネットTVへ出演していただくことになっていたので、事前にどんな方なのか知っておきたかったからだ。

 

 当時の彼は、理不尽な理由で懲戒解雇をされ、「罪状ペーパー」と呼ばれる不愉快な書面(写真下)を全支店に貼られていた。さぞ悲しい顔をしているのかと思ったら、終始明るい様子で、会場入口に「罪状ペーパー」を拡大コピーして貼り付け「これ見てくださいよー」なんて大会出席者へ声を掛けている。私は「すごい人がいるもんだなぁ」と驚いた。しかし、真にド肝を抜かれたのは、会社のトンデモない実態を知ったときなのデス・・・。

 

 ということで、現在も長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」の制作中です。足かけ約2年になります。5月24日、引越社は「異動が社会的相当性を欠いた」と認めて謝罪。西村さんを元の営業職へ戻し、解決金を支払こと等に合意し、文字通りの大勝利的和解となりました。やっと終着点に近づいてきたのかもしれません。

 

 しかし、今回の和解は、映画にとっても大きなヤマ場となるのは確実ですが、すべてが解決したわけではありません。最新パイロット版の仮処分ヴァージョンは56分。現在も追加取材中で、2017年内に長編映画として完成を目指しています。引越業界で起こっている労働争議が主題ですが、そんな小さな世界観では終わらせない、はたらく者なら誰でも楽しめる「エンタメ・ハウツー・ドキュメンタリー映画」を目指します。ドンづまりな資本主義社会で、スクリーンを使って復讐します。

 

 「過労死」「ブラック企業」「ブラックバイト」などに代表されるように、日本の労働環境は相変わらず過酷で陰湿な現場が後を絶ちません。労働法制の改悪も着々と進んでいます。さらにその先には、戦争が近づいています。ウソにまみれた環境で働く日本の若者に「命をまもるツールの使い方」を伝える映画を作ります。一緒に映画を作りませんか!

 

 第一次〜第四次カンパでは、110万円を超えるカンパが集まりました。本当にありがとうございます。おかげさまで取材が続けられておりますが、今後は仕上げ作業などで費用が掛かります。お金のことばかりで申し訳ありません。引き続き、ご支援・ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。                                    

 

2017年6月7日 土屋トカチ


 


会社が作成した「罪状ペーパー」



●映画「アリ地獄天国(仮)」のあらすじ
 有名俳優を起用したTVCMで知られる「アリさんマークの引越社」。さわやかなイメージとは裏腹に、社員たちは自らの置かれた状況を「アリ地獄」と呼んでいる。2015年秋には、抗議行動中の労働組合を恫喝する映像(現在はこちらへ移転)が動画投稿サイト公開されると、約2ヵ月で200万回以上も再生され話題となった。引越社でいったい何が起こっているのか?

 

 同社で働く西村さん(仮名・34才)は、営業職でトップの成績を誇る正社員。ある日、長時間労働による疲労が原因で事故を起こし、48万円の弁済金を会社から求められた。不満を感じた西村さんは、個人加盟型の労働組合「プレカリアートユニオン」に相談し、弁済する義務は一切ないことを知る。同労組へ加入し弁済金の返還等を求めた。すると会社は、西村さんをシュレッダー係へ配置転換。のちに懲戒解雇を行い、事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物を全国の支店へ貼り出した。ニッポンの「ブラック企業」とたたかう若者。彼を支え、たたかう労働組合の姿を追う。


●カンパに関する詳細

カンパ:団体:1口 10,000円より 個人:1口 1,000円より

カンパ宛先:郵便振替 00200−4−81358 白浜台映像事務所
他金融機関からは→ ゆうちょ銀行 〇二九(ゼロ二キユウ)店 当座 0081358

 

・通信欄に「アリさん映画カンパ」と明記ください。
・お一人様、何口でも結構です。皆様のあたたかいご支援、
ご協力のほどよろしくお願い致します。
・ご協力を頂いた方へ、額面に準じて感謝の意を表したいと思います。
希望される方はご住所、お名前を明記ください。

5,000円以上
●長編映画「アリ地獄天国(仮)」のエンドロールに 「制作協力」として、お名前を表記させていただきます。
 

10,000円以上
●長編映画「アリ地獄天国(仮)」のエンドロールに 「制作協力」として、お名前を表記させていただきます。
●最新パイロット版「アリ地獄天国(仮)」仮処分ヴァージョン(56分)のDVDをプレゼントさせていただきます。
 
・クレジット表記が不要な方は、その旨を郵便振替の「通信欄」へご記入ください。
・記入のない場合は、映画本編へクレジット表記をさせていただきます。ご了承ください。
・銀行振込をご利用され、メッセージ記載が困難な場合は、直接下記「お問合せ」へご連絡ください。
 
■カンパ集約
・第五次集約 2017年8月31日  (木)
カンパの会計報告は、こちら白浜台映像事務所ブログにて2017年10月末頃に行います。

■カンパ要請チラシ
こちらからPDFデータをダウンロードしてください。
http://ur0.link/E4ZX

■お問合せ
映画「アリ地獄天国(仮)」及び土屋トカチへのお問い合わせ
tsuchiya.tokachi☆gmail.com(☆を@にご変更ください)
045-228-7996(映像グループ ローポジション気付)

映画「陽光桜」DVD&ブルーレイ、発売中!

まだまだ寒い日が続きますが、
春を待ちながら、桜にまつわる人間ドラマを
鑑賞するのはいかがでしょうか。
私が敬愛する高橋玄監督の最新作、映画「陽光桜」
DVD&ブルーレイが現在発売中です。

私もメイキング映像の監督として関わっています。

 DVD、ブルーレイ共に
 約60分のメイキング映像が収録されています。
 高橋玄監督のインタビューを軸に、
 映画「陽光桜」がどのようにできたのか明かされます。
 豪華俳優陣のコメントの他、
 笹野高史さんが演じた主人公、生前の高岡正明さんの映像も
 収録されています。
 web通販サイトよりもずっーと安い、
 特別価格でお譲りさせていただいております。

 下記へご連絡ください。お待ちしています!

 tsuchiya.tokachi(★)gmail.com
 ★を@に変更ください。
 045-228-7996(映像グループ ローポジション)

 

「アリ地獄天国(仮)」 制作費用 3次・4次カンパ集約

長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」制作費用

カンパを2016年2月からお願いしてまいりました。

2016年11月までのカンパ会計報告を行います。

2016年12月に報告する予定が遅くなってしまい
申し訳ありません。

 

●第3次集約 

2016年7月1日〜9月30日

個人カンパ数 23

団体カンパ数  3 

EWAセミナー会場カンパ 36,704円
7月31日イベント会場カンパ 28,250円
合計金額  451,439円

 

●第4次集約 

2016年10月1日〜11月30日

個人カンパ数 10

団体カンパ数  0

合計金額  111,000円

 

●第3次・第4次カンパ合計 552,439円

●第1次・第2次カンパ合計 628,100円

総計 1,180,539円

 

これまで、お預かりしたカンパは

・カンパ呼びかけチラシ印刷費

・イベントプレゼント用クリアファイル制作費

・取材用ビデオカメラ(中古民生機 キヤノンiVIS HF M41)

・ビデオカメラバッテリー

・編集用PC部品(内蔵HDD、電源ユニット)

・取材交通費

・上映及び配布用DVD、ブルーレイ制作

等に活用させていただきました。

 

皆さまのあたたかいカンパのおかげで、

取材が継続できております。

誠にありがとうございます。

 

年が明けた2017年も争議が続いており、

問題の一定解決まで、まだ時間がかかりそうです。

今後カンパを再開させていただくことも考えております。

その際は、こちらでお知らせします。

引き続き、よろしくお願い致します。

恫喝ちゃいます

謹賀新年。

本年こそ、ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」が完成できるよう

頑張ります。

下記は最新3分ビデオ「恫喝ちゃいます」です。

引越社から仮処分申請

今回は、とても残念なお知らせです。

 

2016年10月中旬、引越社関東(以下、引越社)から

労働組合プレカリアートユニオンと私へ、仮処分申請がなされました。

 

プレカリアートユニオンへは引越社から半径500メートル内での街頭宣伝禁止等。

私へは、約1年前にユーチューブへ掲載した2本の動画を削除

 

 

そして、これらの素材を使用したドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」の

制作・公開中止を求めてきました。

 

引越社が行ってきた数々の労基法違反や労働組合法違反、人権侵害には一切触れず、

幹部らが「業務妨害」「肖像権の侵害」を理由に仮処分申請をしてくる

図太い神経にあきれてしまいますが、費用もかかるので、

小さな組織であるプレカリアートユニオンやフリーランスの私には深刻な事態です。

 

2015年10月より「アリさんマークの引越社」でおなじみの引越社

現役正社員・西村さん(仮名)の労働争議を軸とした

映画「アリ地獄天国(仮)」を、私は作成し始めました。

昨年開催の「レイバーフェスタ2015」での上映は23分でしたが、

反響の大きさに背中を押され、長編化に向けて取材を継続しています。

37分のパイロット版を5月に作成し、すでに様々なイベントや

高校の人権講座、大学の講義等で上映していただいています。

 

取材継続のため、このブログやチラシ等でカンパを呼びかけたところ、

11月9日現在110万円を超えました。誠にありがとうございます。

当初は2016年内に長編映画として完成する予定でしたが、

上記のような仮処分を含め、争議長期化のため、

完成は2017年にズレ込みます。申し訳ありません。

 

映画の制作及び争議の応援を引き続きよろしくお願い致します。