「アリ地獄天国(仮)」 制作費用 5次・6次カンパ集約

長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」制作費用カンパを

2016年2月からお願いしてまいりました。

2018年5月までのカンパ会計報告を行います。

2018年1月に報告する予定でしたが
遅くなってしまい申し訳ありません。

 

●第5次集約 

2017年6月7日〜8月31日

個人カンパ数 16

合計金額  143,000円

 

●第6次集約 

2017年9月8日〜2018年1月31日(締切後寄せられたカンパ含む。5月31日現在)

個人カンパ数 20

団体カンパ数  6

合計金額  408,121円

 

●第5次・第6次カンパ合計 551,121円

●第3次・第4次カンパ合計 552,439円

●第1次・第2次カンパ合計 628,100円

総計 1,731,660円

 

これまで、お預かりしたカンパは

・カンパ呼びかけチラシ印刷費

・イベントプレゼント用クリアファイル制作費

・取材用ビデオカメラ(中古民生機 キヤノンiVIS HF M41)

・ビデオカメラバッテリー

・編集用PC部品(内蔵HDD、電源ユニット)

・取材交通費

・上映及び配布用DVD、ブルーレイ制作

等に活用させていただきました。

 

皆さまのあたたかいカンパのおかげで、

取材が継続できております。

誠にありがとうございます。

 

2018年2月13日に、争議が和解しましたので

現在は、追加取材と編集作業に入っております。

仕上げ後、場合によっては
今後カンパを再開させていただくことも考えております。

その際は、こちらでお知らせします。

引き続き、よろしくお願い致します。

埼玉県鶴ヶ島市議会へ「暴力事件」について取材しました

写真は、鶴ヶ島市役所(同市議会も同建物内にある)ウィキペディアより転載

 

2018年5月の行政調査新聞社のウェブサイトに掲載された

鶴ヶ島市議会に関する3本の記事。
(以下、それぞれ記事のPDFにリンクします)
鶴ヶ島市議による「飲酒」暴力事件!!!
鶴ヶ島市議による「飲酒」暴力事件!!! 『金泉婦貴子 鶴ヶ島市議会議長 への取材』
本紙既報の飲酒暴力事件(鶴ヶ島市議会 内野嘉広市議による) ― 総 括 ―

私はこの記事に、大変驚いた。

酒の席での出来事であったとはいえ、現役の市議会議員による暴力事件が発生したのだ。
民主主義社会を否定する重大な事件にも関わらず、議会での報告も一切なく、
市民に公表されていなかった事実も重い。
事件は読者の投稿によって発覚したもので、発生から1年以上も経過しているという。

奇しくも5月29日より市議会が始まるが、記事での事件について
報告や議論が行われるのだろうか不明だった。
市議会開催の前日27日、行政調査新聞社へコンタクトを取り、
議会の各会派に直接会って話をできないかと、無理を承知でお願いしてみた。

5月28日月曜日、午前11時過ぎに鶴ヶ島市議会へ向かうと応接室へ通された。
急なお願いであったにも関わらず、金泉婦貴子市議会議長をはじめ、
藤原建志議員(新政クラブ)、大曽根英明議員(大空・つるがしま未来)、
五伝木隆幸議員(公明党)、太田忠芳議員(日本共産党)に集まっていただいた。
議員の皆さまには、改めてここで感謝の意を表したい。

映像での取材を申し出たが、急な要請であることを理由に丁重に断られた。
したがって今回は、文章で報告をさせていただくことにする。

主な質問事項は、次の2点だ。

1)内野嘉広議員の暴力事件を知っていたか否か
2)会派として、または議会として、今後どうする予定なのか


特に事件当事者の会派と元会派の方には、細かく質問をさせていただいた。
まずは、事件とは直接関係のない会派からお話を伺った。

五伝木隆幸 議員(公明党)
行政調査新聞社から文章が送られてくるまで、事件については全くわからなかった。
行政調査新聞社のネットで流れていたのは知っていたが、
あくまでもインターネット上での情報ですから、
100%ウラをとっているものではないですし。
鶴ヶ島市議員のことが書かれているなという程度の認識です。
ここへ来るまで、会派の中で話し合いをしたことはありません。
少なくとも当事者から何の報告もない現状ですので、
明日からの議会ではどうなるか、わかりません。

太田忠芳 議員(日本共産党)
行政調査新聞社から送られてきた文書で知りました。現在は、事実が確認できていません。
加害者である内野議員と、被害者である出雲議員の話を聞きたいと考えています。
議会としては、事実を取り上げ、謝罪していただきたい。
本議会で、議題として取り上げるべきものなのかは現時点では不明なことが多いが、
私個人としては、追及していただきたいと考えている。

次に、内野議員と出雲議員が以前所属していた会派・新政クラブに答えていただいた。

藤原建志 議員(新政クラブ)
彼らとは同じ会派にいた訳ですから、この事件の事実関係も共有しています。
我々の会派から出られるまでは、みんなで話し合って、彼ら2人のためには、
どうすべきかと話す中で会派を出て行かれたのであって。
出て行かれるまでは、すべて共有しています。

Q 出ていく理由としては、暴力事件のことが影響しているのですか?
それもあるが、政治的な姿勢が当然あったと思う。
意見の違った部分で出ていただいて、新しい会派をつくるならやってもらいたい。
それで良かったと思っている。我々の会派を出られる前までは、
全員一致の考え方で、この事件についてどうすべきか考えてきた。
会派を出られたあとのことは、我々の関知することではない。

Q 会派は違えど、同じ市議会にいらっしゃるわけですから。
もう少し追及していただきたいなと思うのですが?
・・・・。(無返答)

Q 議会としては、お二人から事件について話をきいてから、ということですか?
そこからだと思いますよ。実際に全協(全員協議会)で質問するという議員もいますから。
全協の中で、鶴ヶ島市議会がどういうスタンスでやるのか。
それによって、みなさん考え方が変わってくるのか。しょうがないと思われるのか。
出ると思いますよ。その後に決まることだと思います。

大曽根英明 議員(大空・つるがしま未来)
Q 記事の上ではご自宅の事件だと?
現場にいた私としては、最初はワイワイ楽しく酒を飲んでいたのですが。
若い2人ですから、意見のズレとか、売り言葉に買い言葉もあって・・・。
殴り倒すということではなかった。暴力はいけないと、再三注意もしました。

新しい会派(大空・つるがしま未来)を5人で組んだときにも、この問題は議論しました。
(加害者の)内野議員と(被害者の)出雲議員が所属しているわけですから、
2人からは「この件に関しましてはご迷惑をお掛けしております。
大いに反省しておりますので、今後ご指導はお願いします」という挨拶はありました。

この発言から、暴力事件は実際に起こったことだったと
私は確信した。

Q 謝罪は受け取ったとの解釈ですか?公表しなくてよいのでしょうか?
当人同士で、示談していますから
「対外的にオレたち事件を起こしちゃった」と
公表するのは一般的ではないと思います。
ですから、公表することもなかったのでしょう。
加害者と被害者が一緒に会派を組み、事件を知っている人に対しては
謝罪を受けましたので、今後も「気を付けろ」と、
会派の中で一生懸命指導しているところです。

Q 会派の中では謝罪があったが、対外的には伝える必要はないと?
事件になっていれば別ですけれども、お互い話が済んでいるわけですから。
もちろん当人が、新たに公表する必要性を感じなかったんでしょう。
私も同様だと思います。

Q 事件になっていないから、暴力沙汰が発生してもいい?
そうではないですけれども。言い返せば、本人たちにとっては恥ですから。
大いに反社会的な行為ですから。

Q 恥であっても、ちゃんと正していかないといけないのでは?
正しています。これから指導はしていきますし。
二度と暴力行為には及ばないように。徹底的に。
人間としてはそれ以前の問題だと思いますけどね。
我々会派の中で改めて指導する次元のものではなく、
本来だったら、わかっていなければならない常識のことだと思う。

Q 本議会で、この事件について会派の中から意見や経過報告を出される予定は?
会派の中で話はしていないですけれど、
2人からは、この件に関しましては「ご迷惑をお掛けしております」と。
2人は大いに反省していると報告があったので、
(本議会の中では)おそらく報告しないと思います。

金泉婦貴子 市議会議長(新政クラブ)
今回の一連の(行政調査新聞の)取材で、事実を述べました。
本人たちはその時点では、一時的に酒の勢いで暴力行為に及んだけれども、
冷静になってみれば、大変なことをしたと、おそらく感じていらっしゃると思います。
今回、記事になって公になった時点で、どうするかというお話だと思うのですが、
改めて議会の中で、各会派で一回持ち寄ってもらって、話し合いをしていただくと。
そこからのスタートになるのかなと。
みなさんのご意見を聞いた中で、鶴ヶ島の議会として
どういう風な方向性を持っていくかというのは、これからのことだと、私は考えております。

Q 本日は急な要請にも関わらず、お集まりいただきありがとうございました。
各会派に持ち寄って、話し合っていただけるというお約束をしていただけると
いうことでよろしいでしょか?

しばらく沈黙が続いたあと、
藤原建志議員(新政クラブ)が答えてくれた。

藤原建志 議員(新政クラブ)
いつも話をちゃんとしています。当時の我々の会派にいた人たちだから。
たぶん、全員同じ考え方だと思います。

その他の議員は、うなずくこともなく無言だったが、
まさか会派に持ち寄って、何も話をしないことはありえないだろう。
そう思いながら、鶴ヶ島市議会をあとにした。

5月31日にリリースされた行政調査新聞の記事(PDFへリンク)によると
5月29日、鶴ヶ島議会本会議前の全員協議会において
内野市議が、今回問題となっている
暴力行為について初めて公式に謝罪したようである。

しかし、鶴ヶ島市市民へは、事件詳細に関する公式発表は
現在のところ行われていないようだ。

このまま、この事件は幕引きになってしまうのか。
鶴ヶ島市には一切関わりのない私も、取材したことが縁で
今後、この動きに注目していきたい。

 

DVD「コンビ二の秘密~便利で快適な暮らしの裏で~」

昨夏、学校教材用に作成したDVD「コンビニの秘密~便利で快適な暮らしの裏で」

じわじわと広がってきています。一般向けの上映会も、3月には都内で開催されます。

是非、ご覧になってください。いつも何気に使っているコンビニの見方が変わります。

 


★2018年3月10日(土)
●昼の回 15:30〜17:00
●夜の回 18:30〜20:30
●参加費 各回500円(小学生以下無料)+1オーダー
昼の回は参加者同士で、夜の回は監督の土屋トカチが参加します。

●お申込方法
メール・電話で「かまいキッチン」までお申込ください。
E-mail: kamaykitchen@gmail.com TEL:03-6318-5323(火曜定休)

主催・会場: かまいキッチン(小田急線/井の頭線下北沢駅下車徒歩3分)

東京都世田谷区北沢2−33−6 第2ミチルビル2F

 


★2018年3月17日(土)
●時間 13:30〜15:30

●会場 生活クラブ館(小田急線経堂駅下車徒歩3分)

●講師 土屋トカチ監督

●受講料 1,500円(CS 1,350円  生ク 1,425円)<定員30名>

●お申込方法
申込みフォーム よりご連絡ください
●主催  NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン

「アリさんマークの引越社」争議が一括和解〜「アリ地獄天国(仮)」完成へ近づく

 

すでに報道機関でも伝えられていますが、「アリさんマークの引越社」の労働争議が中央労働委員会にて一括和解となりました。「アリさんマークの引越社」のグループ会社ではたらくプレカリアートユニオンの組合員に対して、 株式会社引越社、 株式会社引越社関東、 株式会社引越社関西は解決金を支払うことになりました。
制作中の映画「アリ地獄天国(仮)」の主人公、西村有さん(本名:野村泰弘さん)を含む社員集団訴訟、2月14日に記者会見が行われました。これにより、映画制作の着地点も明確となりました。
たった一人、現役社員として闘い続けた野村さんの軌跡を、ドキュメンタリー映画として完成させます。しばしお待ちください。

 

以下、レイバーネット日本に、私が投稿したものです。

2月13日、「アリさんマークの引越社」ではたらく野村泰弘さん(写真左)を含む従業員ら計37人が、会社に対して、残業代の支払いや事故による弁償金の返還等を求めていた労働争議は、中央労働委員会にて、ついに一括和解した。野村さんがプレカリアートユニオンへ相談してから約3年。長い道のりだった。野村さんは、この日を契機に本名を明かした。

和解条項には、プレカリアートユニオンの組合員に対し、故意や重い過失がなければ弁償金の負担を求めない旨が明記された。「アリさんマークの引越社」のグループ会社ではたらく同組合員に対して労働紛争の解決金を支払うことで和解した。和解金額は非公開だ。

野村さんは2011年1月、引越社関東に入社。営業職でトップの成績を誇る正社員だった。ある日、長時間労働による疲労が原因で事故を起こし、48万円の弁償金を会社から求められた。野村さんはプレカリアートユニオンに相談し、弁償する義務は一切ないことを知る。同労組へ加入し弁済金の返還等を求めた。すると会社は、野村さんをシュレッダー係へ配置転換。のちに懲戒解雇を行い、事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物(写真下)を全国の支店へ貼り出した。

その後、解雇は撤回され復職するも、シュレッダー係の勤務を約2年間強いられ、会社との間で争議紛争が続いていた。2017年7月、「罪状ペーパー」をめぐって、東京地裁で和解が成立。元の営業職へ復職したが、賃金未払いや弁償金についての協議が続いていた。

「労働者と使用者の力の差は歴然としている。是非、組合に入ってほしい。しっかりした労働環境を、自分の力で切り拓いてほしい」と、野村さんは語った。野村さんは引越社関東を退社し、プレカリアートユニオンの専従職となるという。〔土屋トカチ〕

 

<レイバーネットTV 第91号「やられたらやりかえせ」> 「アリさんマーク」問題を最初に取り上げた番組です。こちら

 

長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」第六次カンパのお願い

 
神奈川県藤沢市在住の「ちっくまん」さんに、マンガをかいていただきました。
ありがとうございます!応援いただいたこともあり、再度カンパ要請をはじめます。

 2015年9月、私はプレカリアートユニオンの定期大会へ出掛けた。「アリさんマークの引越社」と闘う現役正社員・西村さん(仮名)に挨拶するためだ。9月23日のレイバーネットTVへ出演していただくことになっていたので、事前にどんな方なのか知っておきたかったからだ。

 

 当時の彼は、理不尽な理由で懲戒解雇をされ、「罪状ペーパー」と呼ばれる不愉快な書面(写真下)を全支店に貼られていた。さぞ悲しい顔をしているのかと思ったら、終始明るい様子で、会場入口に「罪状ペーパー」を拡大コピーして貼り付け「これ見てくださいよー」なんて大会出席者へ声を掛けている。私は「すごい人がいるもんだなぁ」と驚いた。しかし、真にド肝を抜かれたのは、会社のトンデモない実態を知ったときなのデス・・・。

 

 ということで、現在も長編ドキュメンタリー映画「アリ地獄天国(仮)」の制作中です。足かけ約2年になります。5月24日、引越社は「異動が社会的相当性を欠いた」と認めて謝罪。西村さんを元の営業職へ戻し、解決金を支払こと等に合意し、文字通りの大勝利的和解となりました。やっと終着点に近づいてきたのかもしれません。

 

 しかし、今回の和解は、映画にとっても大きなヤマ場となるのは確実ですが、すべてが解決したわけではありません。最新パイロット版の仮処分ヴァージョンは56分。現在も追加取材中で、2017年内に長編映画として完成を目指しています。引越業界で起こっている労働争議が主題ですが、そんな小さな世界観では終わらせない、はたらく者なら誰でも楽しめる「エンタメ・ハウツー・ドキュメンタリー映画」を目指します。ドンづまりな資本主義社会で、スクリーンを使って復讐します。

 

 「過労死」「ブラック企業」「ブラックバイト」などに代表されるように、日本の労働環境は相変わらず過酷で陰湿な現場が後を絶ちません。労働法制の改悪も着々と進んでいます。さらにその先には、戦争が近づいています。ウソにまみれた環境で働く日本の若者に「命をまもるツールの使い方」を伝える映画を作ります。一緒に映画を作りませんか!

 

 第一次〜第五次カンパでは、130万円を超えるカンパが集まりました。本当にありがとうございます。おかげさまで取材が続けられておりますが、今後は仕上げ作業などで費用が掛かります。お金のことばかりで申し訳ありません。引き続き、ご支援・ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。                                    

 

2017年9月8日 土屋トカチ


 


会社が作成した「罪状ペーパー」



●映画「アリ地獄天国(仮)」のあらすじ
 有名俳優を起用したTVCMで知られる「アリさんマークの引越社」。さわやかなイメージとは裏腹に、社員たちは自らの置かれた状況を「アリ地獄」と呼んでいる。2015年秋には、抗議行動中の労働組合を恫喝する映像(現在はこちらへ移転)が動画投稿サイト公開されると、約2ヵ月で200万回以上も再生され話題となった。引越社でいったい何が起こっているのか?

 

 同社で働く西村さん(仮名・34才)は、営業職でトップの成績を誇る正社員。ある日、長時間労働による疲労が原因で事故を起こし、48万円の弁済金を会社から求められた。不満を感じた西村さんは、個人加盟型の労働組合「プレカリアートユニオン」に相談し、弁済する義務は一切ないことを知る。同労組へ加入し弁済金の返還等を求めた。すると会社は、西村さんをシュレッダー係へ配置転換。のちに懲戒解雇を行い、事由を記した「罪状ペーパー」なる掲示物を全国の支店へ貼り出した。ニッポンの「ブラック企業」とたたかう若者。彼を支え、たたかう労働組合の姿を追う。


●カンパに関する詳細

カンパ:団体:1口 10,000円より 個人:1口 1,000円より

カンパ宛先:郵便振替 00200−4−81358 白浜台映像事務所
他金融機関からは→ ゆうちょ銀行 〇二九(ゼロ二キユウ)店 当座 0081358

 

・通信欄に「アリさん映画カンパ」と明記ください。
・お一人様、何口でも結構です。皆様のあたたかいご支援、
ご協力のほどよろしくお願い致します。
・ご協力を頂いた方へ、額面に準じて感謝の意を表したいと思います。
希望される方はご住所、お名前を明記ください。

5,000円以上
●長編映画「アリ地獄天国(仮)」のエンドロールに 「制作協力」として、お名前を表記させていただきます。
 

10,000円以上
●長編映画「アリ地獄天国(仮)」のエンドロールに 「制作協力」として、お名前を表記させていただきます。
●最新パイロット版「アリ地獄天国(仮)」仮処分ヴァージョン(56分)のDVDをプレゼントさせていただきます。
 
・クレジット表記が不要な方は、その旨を郵便振替の「通信欄」へご記入ください。
・記入のない場合は、映画本編へクレジット表記をさせていただきます。ご了承ください。
・銀行振込をご利用され、メッセージ記載が困難な場合は、直接下記「お問合せ」へご連絡ください。
 
■カンパ集約
・第六次集約 2017年10月31日(火) 2017年12月28日(木)
カンパの会計報告は、こちら白浜台映像事務所ブログにて2018年1月末頃に行います。

何度も集約日を変更し申し訳ありません。

■カンパ要請チラシ
こちらからPDFデータをダウンロードしてください。

http://ur0.pw/GtMd


■お問合せ
映画「アリ地獄天国(仮)」及び土屋トカチへのお問い合わせ
tsuchiya.tokachi☆gmail.com(☆を@にご変更ください)
045-228-7996(映像グループ ローポジション気付)